ピアニスト韓吏花(ハン リファ)のブログです。 大阪北摂地域、茨木市と箕面市にてピアノ教室を開いています。音楽のことや日々のことをつれづれなるままに綴っています♪


by lhhwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

人形の夢と目覚め

この5月でピアノを習い始めて1年のSくん。

小学2年生になりました。

始めた頃、超スピードで音楽ドリルをこなしてきてたことがまだ記憶に鮮明です。

理論的なこと、そしてスタッカートやレガート、アクセントなどの
あらゆる奏法を順にきちんと理解してもらいながら身につけていってもらいたいという思いから、説明つきのいわゆる初めの頃に使う教材を使いながら進めていっていました。
暗譜するスピードも早いし、手の形もほんと奇麗で(見てて、「あ〜、いい手だなといつも感心してます。)、譜読みも早いし、初見も上手。

でも、ここしばらくちょっとソワソワするのが気になって、どうしたのかな?と思い、
お話し合いしてみたのだけど、確信的な答えはそのお話し合いのときには見えてこず、、

その翌週、彼は「人形の夢と目覚め」を持ってやってきました。
自分で譜読みして、まだ習ってない付点8分音符と16分音符の組み合わせなども弾けてるし!あっけに取られながら聴く私。弾き終えて、思い切り拍手!!(笑)

どうやら、今までの教材では彼には物足りなかったようです。

十人十色
子供それぞれタイプがありますよね。
基礎をしっかり身につけることは指導方針として変わりませんが、
固定概念にとらわれず、いくつか使う教材の組み合わせのバランスちょっとくらい取れてなくても、基礎をしっかり身につけながら、「やりたい!」ていう意欲、どんどん増えてくる好奇心は大切にしたいなと思います。

「人形の夢と目覚め」を二回目持って来た先週のレッスン日。
一通り、前回説明したリズムのことも理解して、すらすらほぼ暗譜で弾けるようになってた。ここまででやり遂げた感持つ気持ちは十分理解できます^^

でもね、外声と内声のバランス(左手小指で伸ばす音と、内声和音スタッカートで動くとことか)、
メロディーと伴奏のバランス、フレージング、アーティキュレーションなどなど、求めていくと更に深めて行くことはできるんよ〜と、取り出して一緒にやっていってみると、
「あ、ほんとだ。」といって、真剣な面持ちでピアノに向かう彼の姿を見て、
これから一緒に音楽作りしていけるレッスンがますます楽しみになりました。

前回のレッスンでは、私が以前にリクエストしたおばけの絵(お化けの曲を弾いたときにリクエスト)と、大きな堂々とした立派な字で書いたお手紙を頂きました。

ありがとう♡
お手紙BOXで大切に持っておくね*^^*
[PR]
トラックバックURL : http://lhhwa.exblog.jp/tb/19393611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lhhwa | 2013-05-15 12:41 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)