ピアニスト韓吏花(ハン リファ)のブログです。 大阪北摂地域、茨木市と箕面市にてピアノ教室を開いています。音楽のことや日々のことをつれづれなるままに綴っています♪


by lhhwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:リサイタル( 32 )

リサイタルのご案内 

今日は8月にあるコンサートのご案内です。

学生時代からお世話になっているドクターが代表責任者となり
京都楽癒コンサート主催の名で毎月開催されるコンサートに2年ぶりの演奏です。

西脇先生が国立京都病院に勤務されていた1988年より入院患者さんを対象とした病院内コンサートを原点に、現在は京都大学YMCA会館に場所を移し、音楽を一番必要としている、病を経験したいわば”癒しを必要とする人たち”に向けて、月一度の質の高いコンサート企画・運営をしている。(活動に対して受賞歴があるサイトを見つけたので、そこから一部抜粋しました)

はじめて演奏させて頂いたのはまだ学生だった2000年。
形、場所を変えながらも、ご多忙な中毎月々々、企画し、数百通にも及ぶという
ご案内を郵送で欠かさず継続されることに本当に尊敬致します。

会場のYMCA会館はウィリアム・メレル・ヴォーリズが建築した建物の中にある素朴でこじんまりとしたホールですので、アットホームな雰囲気のコンサートとなればと思います。


日時:2014年8月3日(日)14時開演(13時半開場)

場所:京都大学YMCA会館(市バス京大正門前より西へ200m)2階ホール
   〒606-8302 京都市左京区吉田牛ノ宮町21 京都大学YMCA地塩寮

入場料:2000円

プログラム:

第1部
ベートーヴェン ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2“幻想風ソナタ”「月光」
ベートーヴェン ピアノソナタ第23番  ヘ短調 Op.57「熱情」

第2部
シューベルト ピアノソナタ第13番 イ長調 D.664(Op.120)
ショパン ノクターン 嬰ハ短調 遺作
リスト=シューマン 献呈
リスト=ヴェルディ リゴレットパラフレーズ


暑さ真っ盛りの頃ですが、レトロで素敵な会場へお越し頂けたら幸いです。
[PR]
by lhhwa | 2014-06-24 11:18 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
長らく更新できていませんでした。

・・・にも関わらず訪れて下さり、
「最近更新ないね!」と、更新を待って下さっている方々がいること、
ありがたいなと思います。
これから、もうちょっと頑張りたいです*^^*

3月2日にあった西宮市大谷記念美術館でのコンサート。
なんとも素晴らしいロケーション。
8角形の可愛らしいホールで前面ガラス張りの開放感溢れるホール、
そしてその向こうは素晴らしい庭園。
自然を感じながらピアノを弾けること、こんな贅沢ありません!
久しぶりのこちらでの演奏、会場入りして「わ〜〜〜〜っ」とやはり歓声あげてしまいました。梅がちょうどいい感じに咲いてて可愛かったです♡

モーツァルト、シューベルト、ベートーヴェン、ブラームス
どの作曲家もやはり自然から多いにインスパイアされ創作してきていたものです。
音楽と自然の深い繋がり、そういったものをこういう空間で弾くことによって
より伝えることができるような気がします。
この会場の大ファンです。

東京からお仕事で関西に帰ってこられてた方が立派なカメラを持って来て下さっていたので、終演後、誰もいない会場にて再度ピアノ弾いてるところを撮って頂きました♪ありがとうございます*^^*
たくさんの素敵な写真を撮って頂いた中でも私のお気に入りの一枚を載せます。

f0029271_23465896.jpg

[PR]
by lhhwa | 2014-03-02 23:34 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
美術館内にある素敵な可愛らしいホールでの演奏会です。

3月2日(日)14:00から
西宮大谷記念美術館でのミュージアムコンサートです。

コンサート入場は小学生以上
美術館入館料(一般200円/高大生・小中生100円)

交通案内
阪神電車「香櫨園」南西徒歩6分
JR「さくら夙川」南西徒歩15分
阪急電車「夙川」南西18分

問い合わせ
西宮市大谷記念美術館
0798-33-0164

〒662-0952兵庫県西宮市中浜町4-38

プログラム
モーツァルト
「ああ、お母さんあなたに申しましょう」(キラキラ星)の主題による12の変奏曲

シューベルト
ピアノソナタ第13番 イ長調 D.664(Op.120)

ブラームス
ラプソディー Op.79-1

ベートーヴェン
ピアノソナタ第23番 ヘ短調 Op.57「熱情」

コンサートお申し込み、直接大谷記念美術館の方へお問い合わせ頂くか、
私の方へご連絡頂けましたらお手配致します(^^)
[PR]
by lhhwa | 2014-02-25 11:35 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
多くの方に温かく見守られて、無事終えることができました。
バロックザールのスタッフの方々のサポート、そして絶対的信頼おける調律師の菊池さん、宣伝・動員にご尽力下さった方々、家族のサポート、そして当日お集り頂いた方々、遠方からもメッセージやお花を届けて下さった友人たち心から感謝の気持ちでいっぱいです。

自主公演は2008年2月以来だったので、実に6年近くぶり。
2012年頃からリサイタルプログラムで演奏する機会も頂くことが増え、
演奏を再活動できるようになってきてた。
2012年までの間は、ジーーーッと静かにお休みの時間もあり、
でも自分のペースでコツコツと。
ピアノに向かえなかった時期もあったので、手は自分の手という感覚で操れないし、
何から手をつけていいかもわからない時間も過ごした。
でも、徐々にマイペースにやっていけるように静かに見守ってくれてた身近な人たちの存在があったから頑張れた。
この再出発を心から願ってくれてたであろう父にこの姿を見せたかったけど、
父がずっとプログラムにリクエストしていたベートーヴェンの熱情を
2012年からのプログラムで弾き続けた。
横で聴いてくれているような気がずっとしてた。

この自主公演への背中を押してくれたのは母。
なかなか自分からは腰があがらない性格なのだけど、
母から言われるとなんとなくその気になってしまう。
ウィーンへレッスンに行くという口実を作ったのも(笑)母の言葉によってでした。
7年ぶりにレッスン受けたのは色々な意味で刺激的でした。
先生の情熱に触れ「目を醒ませ!感覚を磨ぎすませよ!!」と
自分に気合い入れることもできた。
限られた時間の中で、お忙しい中時間を費やして下さった師にも感謝。

自主公演って演奏準備が大変なのはさることながら、その他の準備がやはり大変です。
プレッシャー、緊張、当日まで悶々とする集客への心配などから、
途中「誰もこのコンサートをしろと強要してないのに、私はなぜするのだろう?」と逃げたくなることもあったのですが、やはり終わった後の達成感、充実感、感謝する気持ち、これが半端ないですね。これを味わうからやめれないのかな、、、
終えてからご来聴頂いた方から音手紙へのお便りによるお返事を頂いたりと、
本当にありがたいお気持ちをたくさん頂戴致しました。
音手紙(おてがみ)を聴き続けたいというありがたいお言葉も多数頂戴し、
今後も続けていけるよう精進していかねばと思うのです。



当日、リハーサルで母に撮ってもらった写真。
この奇麗なブルーの色と形に惚れたドレス。
秋に母とウィーンへ行った際に、お祝いにとプレゼントしてくれました。
一人では着れないこのドレス、後ろを紐でギュッギュッと締めていくので、
母に締めてもらいました。
視力が低下している母には大変な作業でしたが、
締めていってもらっている時間はこの数年の時間の重みを感じる大切な時間でした。
この日に向けて、本当に精神的にも食べ物の面でも(笑)
大きな支えとなってくれた母に本当にありがとうの気持ちでいっぱいでした。
本番迎えるにあたり、やはり近づいてくると恐さやプレッシャーなどに押しつぶされそうになることもあったけど、このドレスを着ることは楽しみの一つでした*^^*

f0029271_23151782.jpg

[PR]
by lhhwa | 2013-12-09 11:50 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
f0029271_135773.jpg

































いよいよ今週末から始まります。

まずは、
11月30日(土)@Cafeのだて
開演18:30(開場18:00)
入場料2000円(1ドリンク付き)

南岸和田の方です。
岸和田は同じ大阪でも行ったことない街です。完全アウェイです(^^;;

このカフェのオーナー様の「音楽で溢れた地域の人たちの憩いの場所にしたい」という熱い想いに共感し、カフェオーナー様と私がお世話になっているU様により始まったカフェコンサート。

はじめての街、はじめての空間で楽しみな気持ちでいっぱいです。



************************************

翌日12月1日(日)はNPO法人日本綜合医学会関西部会の第26回研究講演会にて
癒しのミニコンサートということで30分ほど演奏します。
リサイタルプログラムより抜粋です。

12月1日(日)大阪朝日生命ホール
開演10:00(開場9:45)※演奏は13:00頃から
入場料 前売り2500円 当日3000円


************************************

12月8日(日)の京都・青山音楽記念館におけるリサイタルまでは、体調管理しっかりしつつ、いいコンディションで迎えたいです。

こちらのチケットも販売中(チケットぴあ Pコード 210-056)です♪

多くの方から励ましのお言葉を頂き、本当に有難いなとジーンとする連続の今日この頃です。
[PR]
by lhhwa | 2013-11-28 00:54 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
f0029271_8445379.jpg
f0029271_23414598.jpg


リサイタルのお知らせです。

韓吏花 ピアノリサイタル『音手紙(おてがみ)』Vol.1
(公財)青山財団助成公演

日時 2013年12月8日(日) 15:00開演(14:30開場)

場所 京都青山音楽記念館
〒615-8282 京都市西京区松尾大利町9-1

チケット 
一般 3000円  学生 2000円 (全席自由)
※未就学児の入場はご遠慮下さい

チケットのお問い合わせは、
チケットぴあ tel 0570-02-9999 (Pコード 210-056)
※セブンイレブン、サークルKでも購入可
チケットぴあ販売開始日:2013年9月15日より

青山音楽記念館 tel 075-393-0011

または lhhwa○excite.co.jp(○の部分は@です)まで。



最後に行った自主公演は2008年2月でした。
約6年近く経て、久しぶりに行います。
今回より公演名を『音手紙(おてがみ)』とし、回数重ねて行きたいと思います。
『音手紙(おてがみ)』と名付けた想いも記録として残しておきたいと思います。

『音手紙(おてがみ)』
[PR]
by lhhwa | 2013-09-16 00:27 | リサイタル | Trackback | Comments(0)

リサイタル終えて、、、

5月19日かめおか桂ホールでのリサイタル
無事終わりました。

雨の中、多数の方にお越し頂き本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

スタッフの皆様におきましてはご準備から宣伝、動員、当日のサポートに至まで
何から何までよくして頂き、お陰さまで盛況の中、演奏させて頂くことができました。

桂ホールの館長さんとの出逢いから長い年月を経て、
ずっと温かく応援して下さり、待って下さった桂先生。
リサイタルの日程が決まったときから、
こうしてリサイタルという形で先生からのお心に応えることができる日がくることを
楽しみに楽しみに準備をしてきました。
楽しみの反面、やはり大きなプレッシャーがこの半年近くつきまとっておりました。
大きな期待を抱いて下さっていることはひしひしと伝わってきておりましたので、、、
終演後、客席で誰よりも真っ先に目に飛び込んできた桂先生の飛び上がらんばかりの拍手を頂戴し、その瞬間やっと背負っていたものをおろし、
達成感・充実感がじわじわと押し寄せてきました。

プログラムの中に組み込んだ、ベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」
この曲は、父が生前からずっとリサイタルのプログラムにリクエストしていたものです。
でも私は「熱情」からなんとなく逃げてました。
今でもずっとずっと「熱情弾いてほしい」と言っていた父の願いを聞き入れることができなかった、いや、しなかった自分の頭を殴りたくなります。
父がいなくなって、父がどれだけ私のピアノを大切にしてくれていたか、
応援していてくれていたかというのをより感じます。
そんな父のリクエスト、なぜ喜んですぐに叶えてあげなかったのだろう、、、
「表現する自信がない。難しい。」逃げ以外の何ものでもなかったです。
そんな想いから、父が他界してからは横にいて聴いてくれていることを信じて、
熱情に取り組んできました。
これまでにもこの熱情で何度も本番重ねてきましたが、
この日、いまの私が感じる「熱情」を表現できたのかなと思います。
父が私に与えてくれたベーゼンドルファーのピアノ。
ウィーンへ父が来て、一緒に買いに行ったそのときのエピソードも含めて、
このピアノで練習している時間は、父の想いが私に語りかけてくれるような気になる時間です。

昨年の京都YMCAでの楽癒コンサートでのリサイタルから、
今回はかめおか桂ホールでのリサイタル。
数年のお休み期間中、さまざまな葛藤と戦いながらも、ピアノと向かい続けてきました。
こうやって再び演奏できること、ピアノと毎日向き合えることに感謝の気持ちが溢れ出てきます。
そういった意味では、このお休みの期間は私にとって苦しい時間でもありましたが、
決して無駄な時間ではなかったのだと今は確信しております。

終演後、ロビーでお声掛けて下さった方々からのたくさんの嬉しい反応。
励みになります。
お言葉はもちろんですが、言葉ではない感情からくる反応を目の当たりにしたときは
感無量です。
皆様からのお言葉を糧に、
私自身の中で味わったさまざまな今回の課題は真摯に受け止めて、
今後の取り組みに生かしたいです。
心に何かを残すことができるプレイヤー目指して、精進していきたいです。

今回のリサイタルを終えて、次への欲が出てきました。
またその欲を満たすために動いていけたらなと思います。
また、ここでもお知らせできるよう準備進めたいです*^^*

生徒さんや友人、知人からの素敵な贈り物。
たくさんのお花や、美味しいものに癒されております。
ありがとうございます♡

f0029271_2017892.jpg












受付でお預かりさせて頂いた物で、お名前が入っていなくて贈り主さまがわからずのものがあります。
阿闍梨餅、大好物です!私の大好きな物を贈って下さった方、もしこのブログ読んでらしたら教えて頂けますようよろしくお願いします。御礼申し上げたいです!(阿闍梨餅の贈り主さまだけわからずです、、、)

[PR]
by lhhwa | 2013-05-23 20:31 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
京都府亀岡市の桂ホールでのリサイタルのお知らせです。


日時:2013年5月19日(日) 15時開演(14:30開場)


プログラム:

 モーツァルト 「ああ、お母さんあなたに申しましょう」の主題による12の変奏曲

 ベートーヴェン ピアノソナタ第23番 ヘ短調 熱情

 ブラームス   ヘンデルの主題による変奏曲


会場:
かめおか桂ホール

〒621ー0855 亀岡市中矢田岸の上7-1

JR嵯峨野戦(山陰線) 亀岡駅下車 南へ徒歩20分
 (JR亀岡までは快速利用の場合、京都駅より所要20分)

JR亀岡駅前よりバス利用の場合
 京阪京都交通バス5分「矢田口」下車 徒歩3分

 下記系統すべて矢田口停車
  「1」 阪急桂駅東口行き
  「1A」京都成章高校前行き
  「2」 京都駅前行き
  「31」美山台行き
  「36」馬堀駅行き

京都駅前よりバス利用の場合
 矢田口下車
  「2」 亀岡駅前行き

阪急桂駅東口よりバス利用の場合
 矢田口下車
  「1」「2」亀岡駅前行き


更に詳しい地図などはHPのアクセスとご利用案内を参照


入場料:3,000円

チケットお問い合わせ:
桂 Tel/Fax 0771-22-4846 又は 韓まで(当ブログのメールで受付ます)


f0029271_046222.jpg



木の薫りが優しく漂う感じのいいホールで、ベーゼンドルファーの音色でお届けします。

新緑の美しい季節に、亀岡でお会いできることを楽しみにしております。
[PR]
by lhhwa | 2013-05-08 10:29 | リサイタル | Trackback | Comments(0)
先日のコンサートに来て、愛らしい振る舞いで会場を和ませてくれた生徒のAちゃん♥

きのうはコンサート後のレッスンでした。
Aちゃん、レッスンバッグからメモ帳を取り出し...
先日のコンサートの感想を一曲ずつ書き留めてくれていたのです^^
そして点数も!!(身に余る高得点をいただけてホッ! 笑)
一つ一つの感想と点数を読み上げてくれました。
聴いて感じた感覚などがいっぱい散りばめられており、
一生懸命書いたんだろうなあってことが、すごく伝わってきて嬉しかったです。

音楽を聴いて感じるいろいろな感情やイメージ。
感じたことを自分の言葉で表現できるってことが、
「あー、とても感性豊かな子だなあ。」と嬉しくなり、
この先もこの感性を大切に、
そして感じることをピアノで表現できるようになるようにもっていってあげたいと
強く思います。

また、私がしばらく不在する間に「先生を驚かせたい!」という思いで、
ちょっぴり難しい曲にもチャレンジするとのことらしいです。
その気持ちがとても嬉しいです^^

また、先生も次に弾いてあげれる曲の練習がんばるね♪

彼女から心こもったお手紙が添えられた、楽器がいっぱいのチョコレート。
奇麗なピンクのバラと共に、演奏後みんなの前で手渡してくれました^^
ありがとう♥

f0029271_90289.jpg
[PR]
by lhhwa | 2012-06-28 09:07 | リサイタル | Trackback | Comments(0)

ありがうございました

無事、京大YMCAでのコンサートが終わりました。
遠くまで足を運んでくださった方、またお花を届けてくださった方、
プレゼントを贈ってくださった方、遠くからメッセージを送ってくださった方
温かいお気持ち、たくさん頂戴しました❤

ありがとうございました。

ブランク数年あり、三年ぶりのリサイタル形式でのコンサートでした。
ピアノに向き合えない時期を経て、また再スタートをきるというのはなかなかのエネルギーです。
でも、その時期をただ悔やんで振り返ってネガティブに捉えては、
自分自身に対して胸はれない。

ピアノを弾きはじめて30年と少し。
本番をコンスタントに迎える生活が大学のときからと考えると、
15年ほど続いてきたことがぷつっと切れてしまったので、
本番近づくにつれ自分の集中力や状態をコントロールするのに、
不安や緊張、楽しみなどいろいろな感情に渦巻いてたけど、
自分自身と向き合い、また音楽と向き合い、燃焼しきった時間を過ごせたことに
満たされた気持ちでいっぱいです。
そして、その時間を見守り応援して下さった方達へ感謝の気持ちでいっぱいです。

ある意味、きのうの久しぶりのコンサートで、
自分の中で再スタートをきれるか否かの分かれ道となるだろうなと思ってたのですが、
今後も音楽と真摯に向き合っていき、
聴いてくださる方の心に何か残るような演奏ができる演奏家を目指したいです(^^)

今は奇麗なお花や美味しいお菓子に癒されています。
ありがとうございました♥

f0029271_8394581.jpg
[PR]
by lhhwa | 2012-06-24 08:31 | リサイタル | Trackback | Comments(0)