ピアニスト韓吏花(ハン リファ)のブログです。 大阪北摂地域、茨木市と箕面市にてピアノ教室を開いています。音楽のことや日々のことをつれづれなるままに綴っています♪


by lhhwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

摂津響Saal

今日はオトナが集う弾き合い会でした。
高槻の自然豊かな摂津峡に昨年できた60席ほどのほどよい広さの摂津響Saal。
f0029271_00260429.jpg


f0029271_00260507.jpg


f0029271_00260538.jpg


木の匂いが心地よく、温かな雰囲気の素敵なザールでした。

f0029271_00260517.jpg


スタインウェイのピアノもピッカピカのシャキーンとしたのではなく(うまい表現が見つからない。笑)味わいある温かな響きのピアノで、この空間でこのピアノとてもいいなと感じるものでした。

f0029271_00260609.jpg



ケーキセットはメニュー相談してオリジナルなものを作って頂きました。
欲張りな私はどのケーキにしようか選べず、りんごも栗とチョコも気になる!てことで2種のタルトで決めたのですが、カフェオーナー様のご厚意で地元で採れたサツマイモを使ったパウンドに、はちみつのマドレーヌ。飲み物は、高槻の芥川商店街にあるマウンテンさんで焙煎されてるオリジナルの摂津峡ブレンドに、紅茶は芦屋のUfuのもの。
f0029271_00260657.jpg


チョコのタルトはベルギーチョコ使用した濃厚で美味でした。生地がまた美味しい♡
f0029271_00260761.jpg



カフェオーナー様の夢をどこかで読んで『食と音楽の融合』とありました。私もこの想いから手作り菓子でもてなすホームコンサートをやり始めた発端。なかなか定期にはできていませんが…(^^;;
そして、こんなの近くにあったらいいなと思ってた森の中のサロン。
まさしく私が思い描いてた両者が揃った場所だったので、このザールを知ったときから気になってたので、この機会を楽しみに待ってました。

プロ、アマチュア問わずサロンに音楽愛好家が集って演奏したり、聴いたりと音楽に興じていた絵画の中のシューベルトやショパン、リストの世界をイメージして(たまたま私の先生の家に飾っていた絵です。)、こんな会を続けていきたいなと思った1日でした。

今日集った皆さん、そしてザールのオーナー様、カフェのオーナー様、それぞれの立場の方の音楽への愛が溢れた、想いに満ちた空間で素敵な時間だったように思います。何か会の名前を考えたいところです。


[PR]
# by lhhwa | 2015-11-02 00:19 | ピアノ | Trackback | Comments(0)
10月24日(土)カワイ梅田 コンサートサロンジュエにて行われる
シュテファン・アーノルド教授マスタークラスのプログラムのお知らせです。

10:30 シューマン:アレグロ 作品8 ロ短調
    Schumann : Allegro Op.8 h-moll

11:30 リスト:メフィストワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」S.514
    Liszt : Mephisto-Walzer Nr.1 S514

12:30 休憩(60分)

13:30 プロコフィエフ:風刺 作品17
    Prokofiev : Sarcasms Op.17

14:30 ラヴェル:スカルボ(夜のガスパールより)
    Ravel : Scarbo (Gaspard de le nuit)
   ベートーヴェン:ピアノソナタ第11番 変ロ長調 作品22 第4楽章
   Beethoven : Klaviersonate B-dur Op.22 4.Satz

15:30 休憩(20分)

15:50 ブラームス:創作主題による変奏曲 作品21-1
    Brahms : Variationen über ein eigenes Thema Op.21-1

16:50 リスト:巡礼の年 「ヴェネツィアとナポリ」
    Liszt : Années de pèlerinage e Napoli S.162/R.10 A197
     1ゴンドラの歌 Gondoliera
     2カンツォーネ Canzone
     3タランテラ Tarantella
(スカルラッティ:ソナタニ長調 K.53/L.261)
(Scarlatti:Sonate D-dur K.53/L.261)
[PR]
# by lhhwa | 2015-10-15 22:22 | ピアノ | Trackback | Comments(0)
f0029271_11322089.jpg


10月にアーノルド教授が来日
大阪梅田第3ビルにあるカワイ梅田店のホールで公開マスタークラスを行います。
70席ほどの会場ですので、聴講でご希望の方はお問い合わせください。

アーノルド先生の素晴らしいレッスンに音楽学生、演奏家や指導者の多くの方々に触れて頂ける貴重な機会です。

お問い合わせは私の方へメール、
またはチラシに掲載のお問い合わせ先、
並びにカワイ梅田へ06-6345-8300にお願いします。

もう少し先で公開マスタークラスでレッスンが行われる曲目のプログラムをこちらで掲載致します。






[PR]
# by lhhwa | 2015-09-25 11:19 | Trackback | Comments(0)

弾き合い会

夏休み明けの弾き合い会を先日行いました。

日頃の練習、レッスンももちろん完成度高い演奏を目指していきたいのですが、やはり人前で弾くとなると生徒自身のモチベーションが断然違ってきます。

今回の弾き合い会会場は島村楽器グランフロント店のスタインウェイルーム。
フルコンのスタインウェイです✨

ピアノをはじめて数ヶ月の人前演奏デビューの子から、高校生まで。
みなそれぞれに感じたことあるようです。
今後の課題を見つけたり、成長を感じたこと、また他の人たちの演奏を聴いての刺激や目標。
楽しかったや、ドキドキしたなど様々な想いはあったのでしょうが、いつものピアノとの違いを感じたという感想が多かった。
今までにもベーゼンドルファーのインペリアルを使ったり、スタインウェイのフルコンを使ったりと、弾き合い会や発表会では会場選びにも気を配り、できるだけ最高とされるピアノに触れる機会を作るようにしてきたけど、特に今回は生徒たち自身がそう感じていることが演奏を通して私に届いてきたかな(^^)

今回は病欠でおやすみした子も数名いました。後日のレッスンで演奏予定だった曲を聴かせてもらったら、弾き合い会に向けてどれだけ緻密な練習を重ねたのかがわかりました。本人たちが一番悔しかったでしょう。でも、本番に出れなかったとしても、そこに向けて練習したことはとても意味のあるものだったと思います!

次は11月の発表会。
皆の成長が楽しみです(*^^*)



[PR]
# by lhhwa | 2015-09-22 13:30 | Trackback | Comments(0)

パリ1日目

シャルルドゴール空港からはオペラ座まで直通のバスを利用して市内入り。

市内入ったあたりからなんか耳にしたことある通りだったり、あれはなんだ?!て規模の建物見ながら過ぎたり、知ってる名のお店を通ったりと、あーパリに来たんだ!ていう実感湧きながらテンションあがってきました!!

オペラ座前からは歩いてホテルまで行ける距離だったので、地図見ながらホテルへ。

まだお部屋入りには早かったので、荷物だけ預けてチェックイン。

ここでちょっと問題生じるものの、ホテル予約した仲介会社にメールしてちゃんと対応してくれたので、時間取られてイライラする気持ちも確かにあったけど、解決したのでよしとしました。今後のお勉強にもなったし。

まずはメトロの1日フリー券を券売機で買って、チケットに日付・名前を書き込み(これ忘れたら無賃乗車と同じで30ユーロの罰金だそうです。国が変われば方法も変わりますので、事前勉強必要ですね。私は駅員さんに教えてもらえたのでラッキーでした。観光本あまり読まないので…(^^;;)市内移動準備完了!

今回パリ滞在してみて、街の規模の大きさにびっくりしました。
比較の対象がウィーンということもあるかもしれないけど、何もかもが大きくて驚きの連続でした。
もちろんメトロの路線も多くて、これを乗りこなしてる人尊敬と思いながら、毎回地図とにらめっこでした。笑



まずはエッフェル塔へ♪

f0029271_18573870.jpg


f0029271_18573906.jpg


塔のディティールの美しいこと!
f0029271_18573974.jpg


そしてまあなんとデカいこと!!
船も橋もちっちゃ!!!
f0029271_18573933.jpg


母さん、通天閣みたいな感じ…て。汗
(せめて東京タワーでお願いしたい)
f0029271_18573967.jpg



エッフェル塔前で撮影大会したら、次はマルモッタン美術館へ。


途中通ったこれまた大きな噴水?
(いま移動中に書いてて、これが何だったか名前忘れました…)
いや、規模が大きすぎて唖然です。
水遊び気持ちよさそー(≧∇≦)
飛んでくる水しぶきが実際とても気持ちよかったです♪
f0029271_18574003.jpg



マルモッタン美術館は閑静な住宅街に位置し、その向こうはもうブーローニュの森という素敵な立地にありました。

マルモッタン氏の素敵な館に並ぶコレクション、とても素敵でした。
そして、モネを目的に行ったのですが、なかなかモネ見つけることできず。
一通り館の一階、二階を観て「あれ〜?」と思いながらモネの矢印が。
しかし進むとミュージアムショップ。
ミュージアムアムショップにはモネの商品いろいろ並んでました。
え、まさかこの売り物がモネ?
まさかまさかと思いながら、何度か行ったり来たりしながら、諦めて帰ろうかと思ったけど、やっぱり奥まで行ってみようと思ってショップを進んで行ったら階下へと続く階段が。

母を呼び階段降りて行ったらありました、モネの世界!

先日観に行った大山崎山荘美術館とリンクしました。階段降りて行ったら睡蓮の連作が並ぶ様子。
たくさんのコレクションでこれは見応え十分で満足しました。

帰らなくてよかった!笑

1日目はこんな感じで、ホテルへ戻りちょっと休憩して食事へ。

行ってみたかったビストロは予約でいっぱい。ホテルの人に教えてもらったオススメのお店に行ってみるものの、なんかあんまり賑わってないし、流行ってないから協力してんのかな?とか思いながらグルグル界隈二周くらいして、どこもピンとこなかったので結局オススメしてくれたところ入ることに。


le Madeleine C
5 rue de Castellane
75008 Paris
f0029271_18574021.jpg

(お店のサイトから)


f0029271_18574063.jpg



お料理美味しかったです♡
お店の人もとってもフレンドリーで、私の大きなカメラを見て写真撮ってあげるよ!といいカメラ構えから立ち位置までそれっぽく素敵な写真も撮ってくれました♡
イマイチちゃう?と思ってしまってごめんなさい。笑








[PR]
# by lhhwa | 2015-08-22 17:54 | | Trackback | Comments(0)

ルイジアナ美術館②

館内は外から見た以上に広い感じがしました。

庭園が両サイドに広がる回廊が素敵だったり、他にもたくさんの面白い作品があったりと充実の美術館でした。

あれ?
この影は…
f0029271_11050967.jpg


やっぱり!
f0029271_11050920.jpg


ジャコメッティのコレクションも充実しています。好きなんです。

大きな窓ガラスの向こうには庭園の池
まるで水からあがって歩いてきたかのような歩くおとこ
f0029271_11051078.jpg



ミュージアムショップもとても惹かれる雰囲気だったのですが、ちょっと疲れも出てきてなんとなく心残りではあったけど、寄らずに出てきました。

そうそう、10月にはソコロフのリサイタルチラシが!
こんな素晴らしい場所での彼の演奏聴けるなんて…ああ、どこでもドアがあれば…


美術館から帰り、電車に乗ったくらいから大雨が降り出してきました。
途中、街で降りて散策する予定だったけど、雨の中歩くのもな〜てことで、またの機会に残しておきました。

飛行機で散々寝たけど、眠気もピークに。

明日からはフランス!!


そういえば、私は北欧の夏は白夜だから何時まで明るいのかしら?と結構楽しみにしてたのですが、9時頃にはもう真っ暗でした。雨だったせいもあるのかな?
パリのが日没遅かったな〜。
白夜体験ならずでちょっと残念。
8月は時期的に遅かったのかな。

[PR]
# by lhhwa | 2015-08-22 10:25 | | Trackback | Comments(0)

ルイジアナ美術館①

空港から鉄道で1時間弱ほど揺られてルイジアナ美術館へ。

Humlebaek駅
赤煉瓦のこじんまりとした可愛い建物
f0029271_10251450.jpg


ここから綺麗に手入れされたお庭を持つ住宅街を通りながら、まっすぐに延びる道を歩いて行きます。
正確に言うと駅から出て一度角曲がって、
f0029271_10251578.jpg

この標示からあとはずっとまっすぐです。
まっすぐに延びる道を歩くのワクワクします。

まっすぐしばらく行くと、また美術館への標示が現れます。

ルイジアナ美術館
f0029271_10251585.jpg



まずは母の勧めでお庭に出ます。
目の前に広がる芝生、点在するヘンリー・ムーア、アレクサンダー・カルダー、イサム・ノグチらの作品、その向こうに海!
まだ日本から外国へ来た時空間感覚とロングフライトでボケボケの頭と身体という何につけてもピントが定まってないない状態では結構ギャップありまくりの素敵なロケーション!
お天気がちょっと残念な感じでしたが、素晴らしいです。

f0029271_10251599.jpg


f0029271_10251504.jpg


f0029271_10251665.jpg


f0029271_10251624.jpg


ちょっと休憩。
海眺めながらカフェ。
対岸にはスウェーデン。
f0029271_10251621.jpg


芝生で走り回ってる子供たち、海眺めながら座ってくつろいでる人たち。

芸術と建築と自然とが融合して、そこに思い思いに過ごす人がいる。

あー、いい時間だなあ。
流れる時間がゆったり。
少しずつ休暇モードに。

お庭散策して、館内へとつづく。
f0029271_10251615.jpg




[PR]
# by lhhwa | 2015-08-22 09:49 | | Trackback | Comments(0)
今回は貯まったマイレージを使い、SASでの渡航。マイレージ予約開始日となる昨年、がんばりました。

行きは運良くプレミアムエコノミーシートにあたるsas plusを充てがわれ
ゆったりと快適な飛行でした。

ただ、帰りが普通のエコノミーだったので、比較するといろいろな面で違って「あー行きしなはよかったなあ。あのお布団かぶりたいなあ」とかなったわけで…
(毛布ではなくお布団。お食事も美味しかった!)
帰りにアップグレードの方が幸福度はより高かったかも?と厚かましいこと思ってしまうのです。
人間一度快適なものを知るとダメですね。笑
でも、SASはエコノミーも空間的には少しゆとりある方かな〜と感じました。
座ってて前の座席に膝があたる航空会社があって、あれはキツい。
身長170の私でキツいので、男性はよりしんどいでしょうね…

あ、あとSAS天井が高いのか手荷物入れる棚が高すぎでした!
背伸びしないと届かない…笑
で、乗ってる北欧系の男性のまた大きいこと。190センチ超え(いや、2メートル超え?)ザラにいました。


コペンハーゲンの空港は床が木で温かみあって素敵な空港でした。


f0029271_14042619.jpg

(コペンハーゲンの空港)


コペンハーゲン着いて、その日のうちに乗り継いでパリに飛んで夜知らない街に入るというのも不安があったので、今回はコペンハーゲンの空港直結のヒルトンに一泊。

f0029271_14042672.jpg


欧州ではどちらかというと世界的に展開するグループ系の大手ホテルよりは、こじんまりとしたホテルを好むのですが、今回のヒルトンよかったです。
お部屋からは海が眺めることができて、何より空港直結てのが便利!!
ベッドもゆとりあるサイズで、空間的にもいい感じ。


f0029271_14042754.jpg


ロングフライトの後には嬉しいです。
ここでワンクッションおいて、翌日移動ていうのはこらはこれでアリだな〜と思いました。


写真ないですが、ヒルトンの朝食もとても美味しかったです♡

昔留学中にヘルシンキ経由で帰ったとき、同じく空港ちかくのホテルで一泊したのですが、その時の朝ごはんはヨーグルトすら合わないな…て感じだったのですが、北欧の朝ごはん期待できない先入観は今回で拭われました。笑

この日夕方についたので、ルイジアナ美術館へ行きました。

美術館については、次にまわします。

[PR]
# by lhhwa | 2015-08-21 13:29 | ホテル(海外編) | Trackback | Comments(0)

なつやすみ

夏の休暇にフランスはパリ・アヌシー・シャモニーモンブラン、そしてトランジット地のコペンハーゲン、スイスはモントルーとジュネーブをちょこっと寄り道で行ってきました。

今回お店選びや、周り方など、いろんなブログからお世話になりました。

てことで、旅日記いつも初めは書くぞ!と気合いいれるものの、だんだん書けずにフェードアウトしていく感じなので、今回は携帯から気負わずいこう。

天候にも恵まれ、11日間の旅はなかなか素敵なものとなりました。
アルプスの山々の壮大さは言葉では言いつくせません。写真たくさん撮ってきました!

f0029271_02532615.jpg


[PR]
# by lhhwa | 2015-08-20 02:44 | Trackback | Comments(0)
本日のフライヤー

素敵なのでご予約頂いてる方へは
今日お渡しします。

f0029271_10163126.jpg


アントワープに拠点を移し早5年。
日本で培った太鼓を担いで、必然的にベルギー人とコラボレーションをするなかから出来上がった音楽は、必然的にベルギーで手近にある野菜チコリ、ブロッコリーやマッシュルームなどをみそ汁に入れてみたら結構美味しかったと思える発見、麻痺?と似ているようです。幸運にも今回一緒してくれる「ザ・リズム・ジャンクス」の寛大さは、歴史上様々な国の支配下にありつつもベルギー人としてのアイデンティティを守ってきた強さと柔らかさに似ていると勝手に思ってます。そんな彼らと作った音楽を逆輸入的に初の京都ライブです。そして更に、音楽高校時代の朋友、韓吏花氏をピアニストに迎え、ベートーベンからジャズ、民謡までがひっくるめて共存する不思議な夏の一夜。

(フライヤーより引用 : 文 堀つばさ)


[PR]
# by lhhwa | 2015-07-13 10:07 | Trackback | Comments(0)