ピアニスト韓吏花(ハン リファ)のブログです。 大阪北摂地域、茨木市と箕面市にてピアノ教室を開いています。音楽のことや日々のことをつれづれなるままに綴っています♪


by lhhwa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ピアノオーバーホール ( 2 ) タグの人気記事

引き続き、ピアノオーバーホールの作業状況が送られてきました。

またまた荒木さんが送って下さった写真とコメントをそのまま拝借。



中音、低音の鉄骨に埋め込まれている部品で、丸い穴に弦が通ります。
真鍮でできているため、年数が経つとペダルが変色するように真っ黒に変色します。
これを磨きます。
f0029271_22453594.jpg


ひとつ置きに外して磨きます。
再度つける時に両隣の角度を見て揃えるためです。
f0029271_2247590.jpg


磨き終わって鉄骨に取り付けました。(ピッカピカ!!!)f0029271_22505760.jpg















鉄骨の上に乗せて弦の下にある弦枕を作ります。
オリジナルはフェルトが汚れていたので新しいフェルトを貼り直します。
f0029271_2255974.jpg


木の板にニカワで接着します。当時のカワイも使っていました。
※ニカワ・・・動物のゼラチン質。2000年前から使われている接着剤。今でもヴァイオリン、一流ピアノメーカーが使っています。
f0029271_2257188.jpg


高音部分の鉄骨で弦がくぐっている部分です。
よく弦が切れる部分でもあります。鏡で裏側を見ます。
f0029271_2259124.jpg


長年の弦の圧力で弦溝ができています。
これが断線の原因にもなります。
f0029271_2259589.jpg


磨き上げました。
これで弦が滑り、調律もしやすくなります。もちろん響きも。
f0029271_2305476.jpg


弦が乗る駒のピンの錆
f0029271_2314458.jpg


磨き上げます。全部で460本。
f0029271_2322124.jpg


鉄骨ができ、本体を取り付けます。
すべての作業が終わり、ようやく張弦作業に移ります。
f0029271_2334124.jpg



目に見える大きな部分がピカピカになっています。
これからどのように作業進められて行くのか、今後も楽しみです。
返って来るまであと1ヶ月ほど。
ああ、楽しみすぎです。
それにしても、細かい作業ですね。
暑い中、大変ご苦労様です。
どうぞよろしくお願い致します!!!
[PR]
by lhhwa | 2014-07-19 23:07 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

KAWAIオーバーホールへ

私が生まれる前からあるこのピアノ
私がはじめて聴いたピアノという楽器の音
初めて触れたピアノ
小5まで毎日の相棒だったピアノ

長年頑張ってくれました。
もう調律しても限界があり、いつかオーバーホールをと思ってから数年。
その時がきました。
今日からしばらく入院して、息を吹き返して戻ってくるのは2ヶ月後くらい。

いってらっしゃい(^-^)/

f0029271_10471454.jpg

[PR]
by lhhwa | 2014-06-25 10:39 | Trackback | Comments(0)