ピアニスト韓吏花(ハン リファ)のブログです。 大阪北摂地域、茨木市と箕面市にてピアノ教室を開いています。音楽のことや日々のことをつれづれなるままに綴っています♪


by lhhwa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ピアノ教室 ( 17 ) タグの人気記事

音符クッキー

発表会記念品と一緒にお渡しした可愛らしい音符クッキー

友人のお友達がパティシエさんで、
友人の発表会のときに特別に作ってもらったというこの音符クッキーを見て
一目惚れ♡

早速、友人に問い合わせてお願いして頂き、
音符クッキー作って頂きました♪
ピンクとブルーをセットで発表会記念品と一緒にお渡ししました。
生徒たちからもカワイイとコメント頂いております♪
お箱いっぱいに届いたときは、その可愛さにテンションあがりました*^^*
パティスリー ア・ピエさんありがとうございました♡

f0029271_135222100.jpg















Patisserie a ・ pied  パティスリー ア・ピエ
〒582-0006 大阪府柏原市清州1-4-9 UTOPIA KASHIWARA 103
072-970-5212
営業時間 AM 10:00 ~ PM 20:00
[PR]
by lhhwa | 2013-11-18 13:55 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

発表会場装花

今回の舞台のお花どうしようかと悩みました。
なんせはじめてのことでしたので。

あれこれネットでお花屋さん検索し、
そしてあちこちのブログなども拝見し、
探しまわりました。

そしてお願いしたのは箕面にある「木花 Mocca」さん。
間際にお問い合わせしたにも関わらず(一週間前)、快く応じて下さり、予算と私の好みのお花や雰囲気をお伝えしてオマカセでお願いしたのですが、イメージ以上のものを作って来て下さり、リハーサル中にお花の搬入を見ながら仕上がって行く舞台の様子を見るうちにテンションがどんどん上がって来ておりました。

f0029271_13153855.jpg















f0029271_13165829.jpg





























f0029271_13182667.jpg















f0029271_13204036.jpg








































私の写真の腕では限界ありますが、
写真におさまるより、実際はもっともっと素敵でした〜♪
生徒さんからもお花ご好評頂き、とても嬉しいです♡

会場受付に置いたアレンジメント。
小さなポインセチアと一緒に、少し早めのクリスマスをイメージして。
f0029271_13242454.jpg


































木花 Mocca
大阪府箕面市箕面5-11-4 プラティア1F
電話 & FAX : 072-723-8873
定休日:木曜日(その他月1~2回不定休あり)
[PR]
by lhhwa | 2013-11-18 13:29 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

2013発表会

11月16日に茨木ワムホールにて発表会を行いました。

f0029271_1257072.jpg



































f0029271_132064.jpg















※生徒名は消してます


1部は独奏(幼稚園児〜中学生)
2部は連弾と独奏(小学生〜中学生)
3部は大人部門

小さい子から大人の方まで、みんなそれぞれに発表会に向けて真剣に取り組んできました。目標に向けて一緒に取り組むレッスンはとても楽しかったですし、充実の時間でした。

2ヶ月前くらいから発表会の曲に取り組み始めた子供たち
せっかくなので「憧れの曲に挑戦しよう」と背伸びした作品にも取り組みました。
ピアノはじめて2〜3ヶ月の子たちも頑張りました。
みんな本当に真剣で、レッスンの際に横で弾いているときのその集中力に
こちらが圧倒されそうな感じでした。
歯を食いしばって両手動かそうとしている子を見ていると、
思い切り包容してしまいたくなるセンセイだし、
苦戦してた箇所が出来るようになったとき、あまりの感動で感極まりティッシュ箱取りに行かなければいけないセンセイでちょっと暑苦しかったかもしれませんが(笑)
舞台袖で待ってるときに「あ〜、緊張する〜〜」と言いながら待ってる生徒たちの肩を抱き、「いってらっしゃい」と見送り、小さいからだでライトがあたる大きな舞台に歩いて行く後ろ姿は頼もしくもあり、きちんとお客様にお辞儀をして、立派に堂々と演奏する姿を見て終始じーーーんときておりました。
弾き終えて、お辞儀をして帰って来たときのみんなの晴れ晴れとした顔。
本当にいい表情しておりました。
こんな貴重な経験をさせてもらえたことに、生徒たちみんなにありがとうの気持ちでいっぱいです。
[PR]
by lhhwa | 2013-11-18 13:08 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

色鉛筆

ステッドラー カラト アクェレル水彩色鉛筆36色


トンプソンの教材に載ってるショパンのプレリュード 連弾&簡単バージョン
(オリジナル c moll)

この曲、連弾になってはじめてハーモニーが生まれるので(生徒パートは単音のみ)、
おうちでの練習でイメージの助けとなるように、
フレーズごとにどんな色かな〜という色分けをレッスンでしました。

ひとつのフレーズを弾き、または二つ以上のフレーズを繋げて弾き、
明るいか、悲しいか、なんかいい感じ〜とか、涙流してるところとか、希望が見えてくるか、などなど、いろいろなアイディアが出てきました。
そして、それぞれどんな色か考え、フレーズを囲う作業をしました。
フレーズとフレーズのつなぎ目には違う色が重なるニュアンスの箇所も。
考え、アイディアを出し合う時間、とても楽しかったです。

私がレッスンに持ち歩いているのは12色の色鉛筆。
もっと色の種類があれば、イメージ、表現の幅が広がるだろうな〜と思い、
早速、ネットで書き心地などの口コミなど読みまくって(笑)、
ドイツのメーカー、ステッドラーのカラトアクェレルを選びました。
届くのが楽しみ♪

色鉛筆調べてみて、知ったのだけど、、、
私が昔たくさん持ってた色鉛筆たちはなかなかイイ物だったんだな〜と。
スイスのメーカー、カランダッシュのスプラカラー
(アーティストやプロ向きのシリーズ)
大きさからいくと30色か40色くらいのもの。
スイス製だったということを覚えてたのと、HPでケースのデザイン見て一致しました。
いくつか持ってたのに、探してみたけどもうどこかにいっちゃったようです(涙)
確か、父がアメリカだったか韓国だったか行ったときに、お土産がなぜか色鉛筆だったのを覚えてます。たぶん免税店で買ったんだと思うけど、、、
懐かしくて欲しいなと思ったけど、手が出ませんでした(笑)
また整理して、どこかから出て来てくれることを期待したいです。

小学校1年のTちゃん。
ピアノ習い始めて9ヶ月。
最近、手のフォームもすっかり安定してきました。
ドレミの指番号が123以外のパターンもあるということを知った3月末頃。
そのときは少し混乱してたけど、頑張って乗り越え、今ではすいすいと弾けるように。
音のイメージの引き出しも増えていってるみたいです*^^*
きのうのレッスンで一緒に連弾で弾いた「愛の挨拶」も弾いてて気持ちよかった♡
また新しい楽譜を選ぶときがきました。
どんな楽譜を選ぼうか楽しみで〜す。
[PR]
by lhhwa | 2013-06-22 15:33 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

人のふりみて、、、

子供の観察力ってすごいな〜と思うこと多々あります。

楽譜の表紙に描かれてるもの一つとってもそうだし、
絵を見てるときの視点にしてもそうだし、
いろいろな場面で「ほ〜〜〜、よく気づいたね!見つけたね!」
てことがあります。


先日、Mちゃんがピアノの前に座るなりちょっと興奮気味に言ったこと。

「あのね、先生!この間、お友達と一緒に学校でピアノ弾いてたときに、手をみたら指が真っすぐに伸びてたの〜。」、、、と。

弾いてて弾きにくそうだったと言うので、

「で、Mちゃんはどうしたの?」て尋ねたら、

「こうやったら弾きやすくなるよと(ピアノの上で指や手の形を作って)教えてあげた〜。
そしたら、弾きやすくなったみたい*^^*」

と嬉しそうでした。


たぶん、そのお友達の先生も説明はしてくれているだろうし、
もしかしたらレッスンの度に言われているかもしれない。

でも、同じ世代の友達が同じパッセージを手の形を変えるだけで、楽に上手に弾けてるのを見たら、「気づき」に繋がったかもしれない。

私の生徒も、レッスンで言われていることを客観的に見ることによって、また人に伝えることによって、より深いところで意識できるようになったのではないかな。


先日、コンサートに聴きに来てくれていたピアノを習ってる小さな女の子が
「ほんとだ、手首振ってない!!」と言っていたそうです(女の子のおばあちゃま談)
たぶん、レッスンのときに先生からいつも言われてるのでしょうね*^^*
コンサート後、少しだけお話したのですが、「早く家帰って練習したい!」と言って帰って行ったのが印象的でした。

4歳からピアノ始める子は多いと思いますが、
その年頃の小さい子はまだまだ手も小さく、柔らかく、筋力もないです。
大きな音を出そうとすると、どうしても手首を振ってしまいます。
手首や腕を振った勢いで音を出す、みたいな感じ。
それがクセついてしまうと、指を意識して弾くということが難しくなってきます。
レガートもできないですよね。
音は大きくなくてもいいから、手首や腕の間違った使い方は見過ごさないで
補助してあげることが大切だな〜と思います。


人の演奏見て、聴くことは勉強になります。
学生時代、よくクラスでの弾き合い会もありました。
アーノルド門下のときのクラスレッスン会は、土曜の午前から夕方までなんてこともありました。
お尻かなり痛かったです(笑)が、人前で弾く場数を踏むことにもなるし、また一人々々演奏についてのコメントをするということは、聴いて感じたこと、思ったことを言葉にして伝えるということは、これまたいい勉強になります。

マンツーマンのレッスンだけでなく、グループでのそういった勉強会の大切さを学生時代先生方から学ばせて頂きました。

夏頃に弾き合い会をしようと思っていて、そのスタイルをどのようにしようか場所のキャパのこともあって悩んでいましたが、子供たちのこのエピソードからピンときました^^
グループを分けて、発表の場を兼ねたグループでの勉強会ということにしようと思います♪
[PR]
by lhhwa | 2013-05-16 00:18 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

人形の夢と目覚め

この5月でピアノを習い始めて1年のSくん。

小学2年生になりました。

始めた頃、超スピードで音楽ドリルをこなしてきてたことがまだ記憶に鮮明です。

理論的なこと、そしてスタッカートやレガート、アクセントなどの
あらゆる奏法を順にきちんと理解してもらいながら身につけていってもらいたいという思いから、説明つきのいわゆる初めの頃に使う教材を使いながら進めていっていました。
暗譜するスピードも早いし、手の形もほんと奇麗で(見てて、「あ〜、いい手だなといつも感心してます。)、譜読みも早いし、初見も上手。

でも、ここしばらくちょっとソワソワするのが気になって、どうしたのかな?と思い、
お話し合いしてみたのだけど、確信的な答えはそのお話し合いのときには見えてこず、、

その翌週、彼は「人形の夢と目覚め」を持ってやってきました。
自分で譜読みして、まだ習ってない付点8分音符と16分音符の組み合わせなども弾けてるし!あっけに取られながら聴く私。弾き終えて、思い切り拍手!!(笑)

どうやら、今までの教材では彼には物足りなかったようです。

十人十色
子供それぞれタイプがありますよね。
基礎をしっかり身につけることは指導方針として変わりませんが、
固定概念にとらわれず、いくつか使う教材の組み合わせのバランスちょっとくらい取れてなくても、基礎をしっかり身につけながら、「やりたい!」ていう意欲、どんどん増えてくる好奇心は大切にしたいなと思います。

「人形の夢と目覚め」を二回目持って来た先週のレッスン日。
一通り、前回説明したリズムのことも理解して、すらすらほぼ暗譜で弾けるようになってた。ここまででやり遂げた感持つ気持ちは十分理解できます^^

でもね、外声と内声のバランス(左手小指で伸ばす音と、内声和音スタッカートで動くとことか)、
メロディーと伴奏のバランス、フレージング、アーティキュレーションなどなど、求めていくと更に深めて行くことはできるんよ〜と、取り出して一緒にやっていってみると、
「あ、ほんとだ。」といって、真剣な面持ちでピアノに向かう彼の姿を見て、
これから一緒に音楽作りしていけるレッスンがますます楽しみになりました。

前回のレッスンでは、私が以前にリクエストしたおばけの絵(お化けの曲を弾いたときにリクエスト)と、大きな堂々とした立派な字で書いたお手紙を頂きました。

ありがとう♡
お手紙BOXで大切に持っておくね*^^*
[PR]
by lhhwa | 2013-05-15 12:41 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)
今月15日に、生徒のクリスマスコンサートを茨木教室(自宅)で行いました。

日頃の練習の成果をお披露目する機会を作りたいなという想いで、
今回はクリスマスという時期もありクリスマスコンサートに。
この1〜2ヶ月の間で取り組んできた作品に
クリスマスの曲を連弾や歌、ソロと子供たちはなにかしら一曲プラスして、
大人の方はオシャレなアレンジものを演奏しました。

まだピアノを初めて数ヶ月の子もたくさんいますし、
難しい曲にチャレンジした生徒、
まだ当教室に通い始めて1ヶ月未満な方、
それぞれの事情や状況の中で、
本当に素晴らしい演奏パフォーマンスを見せてくれて、
私は嬉しい気持ちで聴かせていただきました。

ピアノの真後ろには所狭しと聴衆が並んで座っています。
なかなかの緊張感!
そんな中、私が直前に出した課題は・・・
みんな自己紹介と曲目紹介を自分ですること。
あえてプログラム作りませんでした(笑)
幼稚園児や小学校低学年の子には、複数の曲目紹介や大人たちが見守る中の自己紹介、
なかなかハードル高いかも?と思ったのですが、
緊張しながらも、はっきりと堂々とお辞儀もゆっくり丁寧に上手に出来てました♪

最後には、みんなで赤鼻のトナカイも歌ってクリスマス気分いっぱいで終演です。

コンサート終わってからは、1週間ほど仕事の合間を縫って深夜までに渡って
せっせと焼いたクリスマス菓子でお茶会をしました。
私が焼くクリスマス菓子はやっぱりウィーンで食べてきたものでありたい。
でも、やっぱりそれだけでは渋いので
(ドライフルーツ使ったシュトレンや、クッキー類)、
子供たち用にいちごのタルトも作りました。

お菓子をじゃじゃん!
f0029271_23471540.jpg


































サンタさんものせて、ハートのクッキーも散りばめました♥
子供たちの反応は思った以上!^^
f0029271_23505413.jpg
















タルト生地の余ったので作った型抜きクッキーは、子供たちに大人気でした。
(全体写真上の方の缶に入ったもの)
子供に型抜きクッキーはいつの時代もテッパンですね(笑)

みんな嬉しい反応しながらきれ〜〜いに食べてくれて私も大満足でした。

また、日頃は個人レッスンであまり接触ない子供たち同士、
そして父兄同士で親睦もはかられたようで、
私が思い描くホームコンサートはいい雰囲気で行えました。

頑張ってくれた生徒たちを誇りに思い、
また数あるピアノ教室の中から私の教室を選んでくれて、
素晴らしい出会いに恵まれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
ひとりひとりの生徒の存在が私にとっては宝物で、
本当に大好きです。
これからも、音楽を一緒に楽しみ、向き合い、共に成長していきたいです。
f0029271_019373.jpg

















今年も残すところあと3分です。

2012年は本当に素敵な出会いがたくさんあり、
毎日楽しくお仕事させていただきました。
2013年にも新しい出会いが今から決まっているのがちらほら。
いい関係へと繋がっていくことを心より願い、
生徒ひとりひとりの個性と才能、感性と向き合い、
楽しく充実したレッスンを行って行けるよう精進して参りたいです。

また、私自身のコンサートや新しい挑戦となる企画もあります。
音楽と向き合うことができる幸せを噛み締めながら、
練習に励み、心に響く演奏をお届けできるよう自分自身の感性も磨いていきたいです。

2013年は年女です。
公私ともに充実させることができるよう頑張ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
そして、私の周りの皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

韓 吏花
[PR]
by lhhwa | 2012-12-31 23:59 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

アドヴェントカレンダー

幼稚園から小学生の生徒ちゃんたちに
プレゼントしたアドヴェントカレンダー072.gif

ドイツやオーストリアでクリスマスの四週前の週末から、
アドヴェントクランツ(4本のローソクが立った卓上クリスマスリースのようなもの)に
一週間に一本ずつロウソクを灯し、
クリスマスの週には4本灯るというものであったり、
カレンダーを一日ずつめくって毎日ささやかなお楽しみを味わいながら
クリスマスの日を迎える習慣。

寒い冬に、ホッと心温まるこの習慣が好きで、
生徒ちゃんたちにも楽しんでもらえたらなと思います016.gif

今年は12月1日からめくっていきます。
窓のところに自分で日付シールを
貼っていくタイプのもの。
毎日、窓を開けるとチョコが出てきます037.gif
クリスマスまでのカウントダウン始まりです。
そして、クリスマスコンサートまでもあと少し。
みんな頑張ろうね~060.gif
私はお菓子作り頑張ります053.gif
f0029271_14142529.jpg
[PR]
by lhhwa | 2012-12-04 14:00 | iPhoneから | Trackback | Comments(2)

新しい仲間

9月から箕面教室に通い始めたTちゃん。
年長さんのと〜〜ってもしっかりした賢いお嬢さん。
そして、笑顔がとってもキュートでいつも会うのが楽しみです。
理解するのも覚えるのも早くて、
今使ってる教材の初見も歌詞付きで歌いながら弾くことも上手にするし、
ピアノを弾く手の形もとても奇麗です。
これからどんな風に伸びて行くか楽しみであると共に、
ピアノがもっともっと大好きになっていくお手伝いができたらなと思います。



今月からは茨木山手台教室の方で、
6年前に教えていたYちゃんがお姉さんになって戻ってきました(当時、年長さん)。
大きくなってて驚いたことと(その分、わたし歳取ったんだな・・・と 笑)、
ピアノずっと続けてくれてたこと、
そしてこれからも続けたいと思ってくれていることが嬉しかったです。
昔、思い通りに弾けなかったりすると悔しい気持ちで泣いたりしていたのが
ついこの間の出来事のよう。
こんなに小さいのに頑張りやさんだなあ、と感心した記憶あります。
あ、あと初めて教室を訪れたとき、
リビングに掲げている大きな絵を見て大泣きする事件が!
その絵を描いた弟にそのお話をしたら、喜んでいました(笑)
2回目からは大きな布かぶせて隠しておきました。
今回は隠さなくても大丈夫でした^^

きょうは今勉強しているソナチネ弾いてもらいました。
もういろんな曲を弾ける力があるので、どんどん楽しい作品に取り組んでいきましょう。
これからが楽しみです^^


来月からまた新しい仲間が増えます。

今年の12月の生徒たちが演奏するホームコンサートはにぎやかになりそうです♪
コンサート後のお菓子、メニュー考えていくのも楽しみ♥
[PR]
by lhhwa | 2012-10-10 23:40 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)

手作りマラカス

導入クラスの生徒にマラカスを手作りしてきてもらいました。

私が子供の頃に作っていたマラカスは、
ヤクルトの容器に、砂とか石入れて、
色がついたビニールテープでつなぎ目をぐるぐる巻きにしたものだったかな。

今の子が作るマラカスはオシャレです〜^^

材料はおまかせです。
リクエストしたのは、
「音の大きさが違うものをひとつずつ」
中身も自分で音の大きさ違うもの作るには何入れたらいいか?ということ考えてもらい、
外側もどんなデザインにしようか考えてもらいました。

女の子が作って来たのは、
可愛らしい絵とシールがいっぱいの紙コップを使ったもの。
f0029271_2351925.jpg






































男の子は、透明の容器に小豆と雑穀が入ったもの。
雑穀が色・大きさ違うものが入っててキレイです。
Sくんが連れて来た恐竜も一緒に入ってもらいました。
雑穀食べて、次は小豆狙ってるのかな?
f0029271_2381556.jpg



































これで両手違うリズム打ったり、
両手で弾く前にマラカスで練習してみたりします。

自分で作ったマラカスだと楽しみ増すかな〜?
私はどんな作品が出来上がってくるのか、
見せてもらうのを楽しみにしてました^^
[PR]
by lhhwa | 2012-10-10 23:25 | ピアノ教室 | Trackback | Comments(0)